實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ベルデン 8412
2011-08-07 Sun 22:41
ベルデン8412をアンプに取り付ける。
内部の主要な部品に天然の素材を使っている、異質っちゃ異質なケーブルだ。
このケーブルは、線を強く締め付けているのか、ケーブルを曲げるとキシキシと音がする。
しかし音がするのは最初だけで、リールから取り外したときにしかこの音はしないようだ。

DSCN2433.jpg


オーケストラ
低域はズシッと響き、雰囲気が出ている。
中域は分厚く、迫力がある。
高域は聞こえるが、他のケーブルと比較すると少し控えめになっている。
なめらかな減衰なので、聞こえ方としてはかなり自然になっている。

ジャズ
さりげなく低域が響き、良い感じだ。
高域は自然な伸び方で、トランペットやサックスの音が聴きやすい。

ロック
低域から高域までバランスが良い。
ロックはあまり好きな音楽ではないので、どうしても簡単になってしまうが、音質としてはバランスが良く聴きやすく、決してレンジが狭いわけではない。
聴きやすく、耳が疲れない。

ダンスミュージック
低音がズシッと響く。今までで一番安定している。
中域はしっかりと聞こえる。
高域は少し控えめで、高域になるほど滑らかに減衰していくような感じだ。
これなら、長く聴いていても聴き疲れすることはなさそうだ。


低域から高域まで比較的柔らかい音だ。
早く感じず、遅く感じない。
とは言っても、市販品のそこそこのケーブルよりはよほどハイスピードだ。
モニターとして使われるケーブルなので、これで音楽を聴けば、モニタリングしたときの信号が再生できるということか。
ハイスピードに感じた場合、それは違和感ということかもしれない。

色々なところに発生する僅かな違和感を、いかに消すかがケーブルセッティングの調整方法なのかもしれない。
これだけ特徴のあるケーブルを大量に試していくと、短期間のうちに色々分かってくるものだ。
スポンサーサイト
別窓 | オーディオケーブル | コメント:2 | トラックバック:1 |
オーディオケーブル・・・アクローテック
2010-12-08 Wed 00:56
アクローテックの切り売りケーブルを買ってきて、スイッチクラフトのコネクタを付ける。
スイッチクラフトは硬い音がすることで有名である。
何故かこの組み合わせはなかなかいい音がするのでお気に入りである。
あの、シンプルな形状。
使ってみるととても頑丈で信頼性がある。
メッキもかなり耐久性が高い。
これ、信頼性にかけては、RCAの中では抜きん出ていると思う。

それはそうと、今回、アクローテックのケーブルの紹介をしようかと。

これまで色々試作をしてきた。
今一番長い時間使っているのがアクローテックのケーブル。
色々試した結果、少しお値段が高いけどこのケーブルが一番音が良いと感じた。
それに、柔らかいので引き回しもしやすい。

使ってみると、いろいろな音がはっきりと聞こえる。
高い音がキラキラとした感じである。
低い音は、どっしりとしたイメージである。

低域のスピード感というイメージがある。
ドスドスと低い音がただ響くわけではなく、バシッと低い音が綺麗に決まる。
低い音にも帯域の広がりがある。
そのタイミングが合っているとスピード感が出るんだと思う。
そのあたりのスピード感があるイメージ。

高い音も、違和感なく広がっていくので、同じようにタイミングがあっているんだと思う。
そういう意味では、比較的固めの音がするイメージだ。
けど、音の広がりとか響きがよくわかるので、良い音がするケーブルだ。
比較的汎用性のあるケーブルでもある。

迷ったらこれだが、自作の中ではかなり高額な部類なので、なかなか選びかねるケーブルでもある。
他にも、もっと色々なケーブルがある。
ほとんどは使わなくなって手放してしまったけど、とりあえずは手元にあるものから順番に紹介していこうかと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加しておりますので、もしよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオケーブル | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 趣を味わう日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。