實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
オーディオケーブル・・・アクローテック 7N-S1010III
2010-12-13 Mon 23:50
最近、アクローテックのケーブルに新しい材料が使われた。
もちろん、これ以上の高純度のものはこれまで採用されてきた。
しかし、製品としてラインナップに追加されたのはこれが初めてではなかろうか。

これまでは6N素材が量産されてきたが、7N素材の量産が可能になったとのこと。
6N,7Nっていうのは、銅の純度のことだ。
6N=99.99997%、7N=99,999997%
ここまで高純度だと、1mmに細切れにすると、そのうちの数粒は100%の銅ではなかろうか。
写真 1

純度が高いと何がいいかというと、抵抗値が低くなる。
これにどんな効果があるかというと、高周波ノイズを拾いにくくなる。
銅の線っていうのは、実は案外抵抗値が高い。

純度がどういう違いを持つかというと
1Ωの抵抗が990個、10Ωの抵抗が10個ってイメージ。
全部直列接続になる。
990Ω+100Ω=1090Ω
1Ωの抵抗が999個、10Ωの抵抗が1個だと、1009オームになる。
相対的に見ると、8%位の抵抗値の変化があるってことか。

通常の無酸素銅は4N程度なので、7Nと比較すると3桁違うことになる。
抵抗値にしたらどれくらいの差があるのか分からないけど、抵抗値が小さいと、それだけ配線を細くできる。
そうすると何が良くなるかというと、シールドを太くできる。
外皮に対して配線が細いと、シールドと距離を取れる。
皮膜を分厚くできるので強度が上がり、より柔らかい絶縁材を使える。
同じ太さでありながら、柔らかく、シールドのしっかりしたケーブルを作ることができる。
さらに、インピーダンスも小さい。

それによって、比較的細く、低抵抗でありながら静電容量58pFというケーブルを実現しているわけだ。
すごいぞアクロリンク。

そんなわけで、結構安価に手に入る7N-S1010IIIを試してみた。
これは、スピーカー用なので結構太い。
スイッチクラフトのコネクタにはそのまま付かないので、加工が必要だ。
シェルをリーマでゴリゴリ拡張する。
それでなんとか突っ込むことが可能になる。

とは言っても、結局外皮は入らない。
このケーブルは、2層構造になっている。
外皮をはがすとシールドの内側に内皮がある。
内皮の中に皮膜を被った信号線が隠れている。
凄まじく豪華なケーブルだ・・・。

内皮まで少し剥がし、シェルをかぶせ、コネクタを付ける。
結構繊細な作業である。
このケーブルにはシールドがあり、このシールドをどう接続するかが重要になってくる。
銅皮膜なので、応力がかかると裂けてしまう。
応力がかからないように接続する必要がある。

・・・これは今後の課題にしようと思うが・・・。
シールドは、可能なかぎり強力にした方がいい。
超低抵抗が良い。
片側だけでいいとされるが、反射が起きるので両端をシールドしたほうが良い。
ノイズというのは、周期的なものであり、反射によってノイズを増幅してしまうこともある。


しかしまあ、シェルとケーブルの太さが同じだからなぁ・・・
見た目をきれいにするためには、結構頑張らなければならないんだよね。


けど、音質はあまりにも面白い。
これまでの音声ケーブルでは考えられない音。
中高域に関しては、ぼやけると表現して差し障りない。
高域は背筋がひやりとするような伸びがあり、キラキラと綺麗に響く。
中低域は包みこむような響きがあって、音の広がりが良い。
低域は、低抵抗、低インピーダンスケーブルの性能で余すことなく表現し切る。

それでいて、情報量は十分に濃密で、定位もしっかりしている。

最初は、あまりにも音が変わったので、すごく変な音に感じていた。
それから、少しエージングされて、音が安定してきたらこれが・・・
音声ケーブルが情報伝送路であるという枠から飛び出し、ヴァイオリンのように反響を持ってしまった感じだ。
ある種の楽器の一部である、そんな錯覚さえ覚えるほど響くようになる。

まさに機材が変わったと錯覚する、今までの常識をくつがえすような、そんなケーブルかな。
作るのはすごく大変だけどね・・・


ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックすると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
オーディオケーブル・・・アクローテック その2
2010-12-11 Sat 10:24
アクローテックのケーブルにはいくつかの種類がある。
まあ、製品としては当然ではあるけど。

同軸ケーブル
ツイスト、銅箔シールドケーブル
ツイスト、通常シールドケーブル

主にこんなラインナップ。
シールドケーブル1,2の違いは、シールドの仕方が違うってことくらい。
信号線の線材の量も違うけど。
どちらもそんなに引き回し性は変わらない。
けど、銅箔のほうが静電容量が倍近い。

静電容量は、計算した限りでは50pFを切るくらいから高音域の違和感がなくなってくるようだ。
オーディオの入力はインピーダンスが100Kオームらしい。
周波数特性は100Kオーム×静電容量に桁で一致する。同時に位相のズレも始まる。
ここで計算したLPFは、非常にシンプルなので、位相のズレが収まるのに1桁くらいかかる。
つまり、ここで出た周波数の1/10が安定して伝送できる帯域になる。
とすると、ちょうど20KHzになる。
ちなみに、ここでの計算は波長になるので、周波数に直すにはRCの掛け算の時点で1/aを行う必要がある。

ここが、ケーブル評価の微妙なところであるのだと思う。
16KHz以上が聞こえないと、この帯域のズレがわからない。
まず、ズレていることを判定するには、今までたくさんの音源を聞かないといけない。
しかも、モニターを聞く必要がある。
もちろん、聞こえているのであれば相対評価でも良い。

アクローテックの通常シールドは58PF。
かなり良い特性を持っている。
シールド材の密度も高く、こちらも高性能である。

そんなわけで、アクローテックの同軸と銅箔シールドは少し高音域がぼやけていた。
通常シールドは実は絶縁体にまで工夫が凝らされている。
全体帯域がフラットで、カチッと決まる。
これは、カットアンドトライの結果が科学的に最適な状態と一致した結果になる。

オーディオはオカルトではない、科学なのだよ!!
って感じである。


ここまでは普通だ。
音声線に音声線の加工をして、音声線として使っている。
至って普通だ。

ここからさらに、アクローテックでやらかしてみた。
こちらは、もっと面白い事になる。



ブログ村ランキングに登録しております。
下記クリックすると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
オーディオケーブル・・・アクローテック
2010-12-08 Wed 00:56
アクローテックの切り売りケーブルを買ってきて、スイッチクラフトのコネクタを付ける。
スイッチクラフトは硬い音がすることで有名である。
何故かこの組み合わせはなかなかいい音がするのでお気に入りである。
あの、シンプルな形状。
使ってみるととても頑丈で信頼性がある。
メッキもかなり耐久性が高い。
これ、信頼性にかけては、RCAの中では抜きん出ていると思う。

それはそうと、今回、アクローテックのケーブルの紹介をしようかと。

これまで色々試作をしてきた。
今一番長い時間使っているのがアクローテックのケーブル。
色々試した結果、少しお値段が高いけどこのケーブルが一番音が良いと感じた。
それに、柔らかいので引き回しもしやすい。

使ってみると、いろいろな音がはっきりと聞こえる。
高い音がキラキラとした感じである。
低い音は、どっしりとしたイメージである。

低域のスピード感というイメージがある。
ドスドスと低い音がただ響くわけではなく、バシッと低い音が綺麗に決まる。
低い音にも帯域の広がりがある。
そのタイミングが合っているとスピード感が出るんだと思う。
そのあたりのスピード感があるイメージ。

高い音も、違和感なく広がっていくので、同じようにタイミングがあっているんだと思う。
そういう意味では、比較的固めの音がするイメージだ。
けど、音の広がりとか響きがよくわかるので、良い音がするケーブルだ。
比較的汎用性のあるケーブルでもある。

迷ったらこれだが、自作の中ではかなり高額な部類なので、なかなか選びかねるケーブルでもある。
他にも、もっと色々なケーブルがある。
ほとんどは使わなくなって手放してしまったけど、とりあえずは手元にあるものから順番に紹介していこうかと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加しておりますので、もしよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオケーブル | コメント:0 | トラックバック:0 |
オーディオケーブル・・・はじめに
2010-12-04 Sat 00:15
以前、色々な種類のケーブルを買ってきて、コネクタを付けて聴き比べたことがあった。

その数は、十数種類。
そのほとんどがオヤイデ電気で買ってきたケーブルだ。
売っていたものを片っ端から買ってきたんだけどね。

どのケーブルもそれほど音に違いはなかった。
全て音声信号用ケーブルだから、当然といえば当然だ。

しかしながら、ケーブルってのは、良し悪しではないと思う。
悪し、より悪しだと思う。
最も高音質なのは、100%の効率で音声を伝送できるケーブル。
つまり、悪しではない状態。ただ、正常な状態だ。
これは不可能である。
しかし、平均的に90%きっちりで伝送できるケーブルは、機器の性能で100%に復元できるはずだ。
アナログで発生する損失は、主に電圧降下、位相の発生による。
C成分が増えるとハイパスフィルタ。Lが増えるとローパスフィルタ。
しかし、Lは自己インダクタンスで色々と変な挙動をする。
しかし、基本的には位相がずれるだけである。それによって特定帯域がカットオフするだけである。
RCの並列であれば、エネルギーを蓄えて逆に信号を増幅してしまうこともあるかもしれない。

それが、ケーブルの癖というものかもしれないけど・・・。
これを排除すると100%の伝送が可能になる。
位相のズレを抑え、抵抗を小さくする。

それを自分で作るのは難しすぎる。
やはり、安定して製造された工業製品に分があるのは明らか。
これまで試してきたケーブルを、これから紹介していこうかと。
本当に良いものは殆ど無く、一般的な評価からも少しずれていたりするけど・・・
そんな中でも、良いものはあった。
良いものは未だに愛用している。

そして、なんども同じケーブルを作り直す。
コネクタの接続の技術が回数を重ねるごとに洗練されていく・・・
それによって音質が変わったような気がしてしまう。
コテの当てる時間、これが一つの回答のような気がするが、それはまた。

まずは有名所、beldenなど・・・


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加しておりますので、もしよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 趣を味わう日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。