實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ニュープロジェクト始動
2011-02-06 Sun 09:57
最近、手持ちのシステムが不満である。

何が不満かというと、セレクターの性能がいまいち。
入力系統が少なく、デジタル入力には対応していない。

ステレオ3系統+カセット用入出力+EXT入力。
これはいわゆる、ミキサーというやつで、手元でボリューム調整ができるのがいい。
トーンコントロールとか、デジタルミキサーとか、色々機能があるけど、そんな機能は必要ないわけで。

ボリュームコントロールだけあればそれでいいのさ。
そして、DACが内蔵されていればいいのさ。

しかし、DAC内蔵のものはとても高い。
そして、でかかったり、色々と機能が制限されている。

小型かつ多入力、DAC内蔵。
そしてノイズや音質が高いものがいいね。

アナログ回路は高電圧で駆動して、それなりに高性能なアンプを使えば十分な性能が得られるはずだ。
DACは出来合いのボードを買ってくる事にしよう。

ってなことで、回路を作って組み立ててみた。

回路は主に3つで構成される。

電源回路
D/Aコンバータ(DAC)
ミキサー回路

電源回路は、巨大なコンデンサと抵抗で作っている。
ここにいいものを使わなければ、音質は良くならない。

DACは買ってきた。
ボードに電源と入出力をつなぐだけ。
ミキサーは、OPアンプ3つで作る。
5個の入力をつける。
4つはアナログ入力用。
一つはDAC用。
DACは3つの信号を切り替え可能。
つまり、
アナログ4系統
デジタル3系統
合計7系統の入力を備えている。

スゲェぞ、けど、ケースに収まるのか・・・?
そこが最大の問題だ。

材料を集めたら早速製作しようかな。
スポンサーサイト
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 趣を味わう日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。