實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ヘッドフォンケーブル交換
2011-03-30 Wed 13:27
ULTRASONEは、ヘッドフォンケーブルが着脱可能になっている。
ケーブルは長く柔らかいため、傷がついたり断線する可能性が高い。
実際には、踏んでも引っ張ってもそうそう壊れるものでもないのだが。
ヘッドフォン本体よりもよほど丈夫にできている。

実際の用途としてはケーブルの長さ、カールコードのような種類の変更によって、用途によっての使い勝手を良く出来るようにしている。
スタジオモニターの場合は、簡単なロック機構や引っ張ったら取れてしまうなど、交換が容易にできるようになっているものもある。
これは、ヘッドフォンをつけたまま移動したい時、わざわざ機材側のプラグを抜くことなく移動でき、そのケーブルを他の人がそのまま使用することが出来るなど、色々な利点があるためである。

素人が使うなら、ヘッドフォンケーブルを簡単に交換できるので、カスタマイズが容易ということになる。
もっとも、私は交換不可のヘッドフォンケーブルも交換してしまったが・・・。


今まで、ヘッドフォンケーブルにオヤイデのOFCケーブルを使っていた。
適度な太さ、柔らかさがあるためだ。
けど、少々特性が変わったと思っていた。
帯域が狭くなったと。

しかし、使い勝手が良いのでそのまま使っていた。
これを、ついつい出来心でBelden88760に付け替えた。
このケーブルなら、ミニプラグにちょうどいい太さだ。
以前、2本束ねて押し込んでいたのだが、それに比べれば難易度は格段に下がる。
しかし、使ってみると硬くて使いづらい・・・。
けど、そんな事は百も承知、重要なのは音質だ。

DSCN2442.jpgDSCN2443.jpg


レンジが広がった感じだ。
けど、ドンシャリになったかというとそんな事もないようだ。
しかし、ソースによっては低域が強すぎてしまうことがある。

機材側の接続ケーブルは、AlphaWire3221だ。
これがどんな音楽にもマッチするケーブルのようなので、このケーブルに決定した。

今回は、あくまでヘッドフォンの接続ケーブルの効果になる。
ヘッドフォンは、スピーカーと比較するとインピーダンスが高いので、割とケーブルの影響を大きく受ける。
とは言っても、機材間接続のインピーダンスに比べればはるかに小さいので可聴域ではほとんど影響はないはず。
しかし、インダクタを持っているのでそちらの影響が大きいかもしれない。

今回、線材の断面積が10倍近くなっている。
抵抗値もそれだけ小さくなっている。
そのあたりが影響しているのかな。
音の広がりの感覚が全く変わってしまった。

中心から外側に音がいろがっていくイメージ。
左右から真ん中へ音が収束していくイメージ。
楽器ごとにその流れが違う。
ボーカルは点ではなく、ある程度の面として音が聞こえる。

音楽によっては、低域が強すぎて聞きづらいものとなってしまう場合もある。

昨日は普通に良い音楽だと思っていたのに・・・
そもそも、こういうケーブルをヘッドフォンケーブルにして音楽を聞くことは想定されていないのだから、バランスがおかしくなっても仕方が無いのかもしれない。
しかし、このケーブルは着脱可能なので全く問題ない。
聞く音楽に合うケーブルに変更してしまえばいい。

今はオリジナルのケーブルと、このケーブルしかないので、使い分けることもできないが・・・
とりあえず、お気に入りの音楽との相性は良いようなのでこのまま使うことにする。



ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックしていただけると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コネクタのメッキ
2011-03-24 Thu 19:37
ベルデン 8412
1000フィート注文していたが、これが地震の後しばらくして届いた。
その荷物が地震の状況を物語る・・・。

そのまま、リールの状態で運ばれてきた。
ダンボールでは重たすぎて底が抜けてしまう。
これが最も運送に適し、頑丈なのだろう。
ケーブルのところにダンボールが巻かれている。


このプラスチックのリール、ぼろぼろになっている。
割れて一部が損失している。
ケーブルはなんとか無事だったが、ちょうど地震の時に成田辺りに在ったのではなかろうか。
よく持ちこたえたと、リールを褒めつつ、ケーブルの無事に安堵しつつ。

このケーブルをオーディオケーブルに仕立てた。

以前はひどい音だとすぐに捨ててしまい、見向きもしなかったケーブル。
今回、結論から言ってしまうと、このケーブル以外を使うことを躊躇してしまう。

これを試した当時、私のコネクタ加工技術はかなり低かったと言わざるを得ない。

学生時代に秋葉原を散策していたとき、とあるオーディオケーブルショップを見つけた。
ここでは仕入れたケーブルをオーディオケーブルに仕立てている。
それを販売しているが、結構高額だ。
何も知らなかった私は、余りで作ったケーブルを勧められた。
40cmで4500円のケーブル。
学生の時分にはちょっと高額ではあった。
今思えば、かなり良心的な金額だったと言える。

音質は、今使ってみてもかなり高音質。
奇しくも、今私が使っているケーブルのほとんどがこれの後継であったことはごく最近知ったのだが。

今のケーブルは、このケーブルの製作方法を参考にしている。
技術というのは吸収能力の高い学生が吸収し、昇華して引き継いでいくものではないかと思う。

最近は思ったとおりにコネクタをはんだづけできる。
昔はよく失敗した。
今は何時も同じ仕上がりだ。


同じケーブルを何本も作る。毎日毎日。
コネクタを狂ったように作っては試している。
そんな中で、こんな結論に行き着いた。。。

ケーブルは消耗品ではないか?

これは、機材ではない。
アクセサリであり、消耗品なのだ。

同じケーブルでも、新しい方が音質がいいのだ。
そんな気がする程度なのかもしれないが、やはり音質が違うのだ。

フォンプラグにいたっては、特にその影響が顕著だと思う。
3.5mmミニプラグなど、1年も使っていたらメッキが剥がれてしまった。
コネクタをくるくる回すとノイズが乗るので、かなり悪い。
ロジウムメッキであるが、見た目に地金が見えてしまっている。
やはり銀かニッケルメッキが良いと痛感する。

RCAは頻繁に接続しないので、しっかり接続されていれば接点のメッキは劣化しない。
フォンはどうしても動いてしまうので摩耗により接点が劣化しやすい。

RCAはゴールド
XLRとフォンはニッケルか銀

フォンとXLRにシルバーニッケルが使われているのには根拠があるのだ。
ニッケルは硬くて頑丈なので、摩耗に強い。
銀も金より硬い。
よりハードな使用に耐えるには銀かニッケルメッキが必要なわけだ。

しかし、スイッチクラフトのゴールドメッキは腐食に強い。
良いメッキはゴールドでも十分な耐久性を持っている。


ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックしていただけると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:2 | トラックバック:0 |
ベルデン 8412
2011-03-24 Thu 18:58
ベルデン8412のケーブルは以前試したことがあった。
当時、コネクタを適当なもので間に合わせていたためか、音質はボワボワして聴くに耐えない音質だった。
今回、スイッチクラフトのRCAコネクタにて音質を再確認してみた。
DSCN2433.jpg


環境
ONKYO製 iPod用Doc ブルートゥースレシーバー取り付け
C.E.C.製 HD53 ヘッドフォンアンプ
ULTRASONE PRO750

音楽の再生にはiPhoneを用い、ブルートゥースでONKYO製Docに接続する。
このDocにはOPアンプが内蔵されていて、信号をバッファして出力している。
HD53は一度コンデンサが吹っ飛んだが、ニチコンのオーディオグレードに付け替え、今まで安定して動作している。

とりあえず、アクロリンクの製品を比較のために試してみる。
6N-A2110II
これは、超高純度99.99997%Cuを採用したケーブルで、絶縁体にも低誘電率のものが使われている。
低域から高域までバランスがいい。
低域のハイスピード感、中域の響き、高域の伸びが素晴らしい。
情報量が高いというのか、少し詰め込まれた感じがする。
しかし、さすがアクローテックの6N銅を採用したケーブルと言える。
十分なハイクオリティなケーブルだ。

あれ、こんな所に7Nのケーブルが・・・
という訳でついでに試してみた。
低域はさらにハイスピード、高域は十分に出ているのだが、存在を感じない。
非常にクリアな音質だ。
情報量が詰め込まれすぎていなく、適度に分散している。
ヴォーカルは艶めかしい感じというか、眼の前で歌っているかのように感じる。
このケーブルはやはり別格だと思い知らされる。
これだけ、コネクタがスイッチクラフトではない。
USAオーディオ製のクラシックコネクタ。
端子部分しかついておらず、太いケーブルを作るときには重宝する。
しかし、コネクタとの相性によって接続されないことがあるのが欠点だが。
これを使うと、コネクタの接続性はいい加減でも音質に大して影響を与えないと思い知らされる。


そんなこんなで、やっと8412を試してみた。
低域はドスンと響くようなイメージ、中域が図太く、高域は控えめであるが十分な音量だ。
恐らく、録音環境において想定されているバランスに最も近いのだろう。
だから聴き疲れしない、それでいて全体のバランスを十分にとったケーブル。
音と音のつながりがすごく自然で、複雑な音声信号を見事に繋ぎ止めている。
空間的という表現がよく合う、そんなケーブルだ。
このケーブルを使うと、どんな音源でも安心して聴くことが出来る。
特に際立たせようと思っているセクションでは見事に際立つ。
作曲者が意図したと思われるメリハリを見事に再現してしまう。
音質に突出しないが、バランスに突出している。

しかし、内部の線材を見た限りそれほど特別な線材ではないし、線材の構造も結構いい加減だ。
ただし、絶縁材には特別な工夫がある。
そして、とても頑丈にできている。
ベルデンのケーブルは、線材を締め付けるような工夫が見受けられる。

ベルデンを簡単に言うとこんな感じか・・・
量産型

量産型だが、高品質なものを量産しているので、安くて高性能。
それ故、世界中で使われているのだろう。


3本のケーブルを試したが、ベルデンのケーブルの性能は総合的に見ると最も高いと思う。
しかし、やはりオーディオを試すという意味ではこれだけでは物足りない。
物足りているはずなのになにか付け足そうとしてしまう。
この何かを得るために、金を費やして様々なケーブルを試そうとしてしまう。
これは、安価なモニターケーブルを採用している市場の罠だとも思える。
それだけユーザーの多くがケーブルに無頓着であるとも言える。
高価なケーブルでチューニングしてしまうと、ユーザーの多くが聴く音質が劣化してしまう。
だからこそモニター用ケーブルには、ベルデンの大量かつ安定して量産された安価なケーブルが採用されるのだろう。
どのケーブルでも全て同じ特性で、十分な性能を持っているというのが評価されているのかもしれない。

このケーブルにひとつの回答を得ても良いのではないかと思う。



ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックしていただけると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
試作ケーブルが完成
2011-03-15 Tue 22:25
今日は、新しく届いたコネクタを早速ケーブルに使ってみることに。
ノイトリックの3.5mmステレオフォンプラグ。
ノイトリックの別ブランドのものが届いた。
これは・・・小さいなぁ・・・
5mmのケーブルなら通るみたい。
これを、ステレオミニ<->RCAにしたい。
つまり5mmの穴に3.7mmのケーブルを2本突っ込むことになる。

もちろんそれは無理なので、工夫が必要である。
試行錯誤によりコネクタ5個が尊い犠牲となった。

DSCN2401.jpg
最終的にはうまく接続できる方法を見つけた。
しかも、シールドもしっかり出来るというおまけ付き。

DSCN2406.jpg

早速、iPhoneとオーディオを接続して聴いてみた。
低域から高域までバランスの良い音質。
低域のハイスピード感、中域の膨らみ、高域の伸びがベルデンの音質だ。
iPhoneで音楽を聴くときは、いつもブルートゥースで音楽を飛ばして聴いていた。
それが一番ベストがと思っていた。
しかし、この音質は癖になりそうだ。

ベルデン88760の音質は全く損なっていないようだ。

もっと経の太いコネクタを買っていればこんなに苦労はしなかったのだが・・・
しかし、このコンパクトさでしっかり固定されているなら、これで十分のはずだ。





ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックしていただけると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
オーディオケーブルの配線インピーダンスについて
2011-03-08 Tue 21:42
オーディオケーブルには色々なものがあります。
安いものから高いもの太いものから細いもの。
これに果たして違いがあるのか??

微妙な違いがあると聞く。
しかし、本当かなとも思える。

前の仕事では、電子回路のシミュレーションや、フィルタのシミュレーションをしていた。
低周波ノイズをカットするためのフィルタの係数は、100Kオームの抵抗と150pF程度のコンデンサを付けていた。
これで、だいたい100KHz以上の信号をカットするフィルタとしていた。
このフィルタの場合、20Khz付近どころか、10KHzあたりでも十分影響がある。
位相もちょうどずれ始めるくらいだ。

シールドケーブルにも100pF程度のキャパシタンスがある。
これは、シールドの長さによっても変わってくるけど、2mのケーブルなら、200pF位になる。
安いケーブルはそれ以上かもしれない。

けど、抵抗がないとフィルタとしては機能しない。
フィルタの原理は、コンデンサに充電するときの速度を抵抗で調整することで、信号の変化を打ち消すというもの。
コンデンサと抵抗があって、初めて効果を発揮する。
オーディオケーブルには抵抗成分が殆ど無いので影響は全くないと言っていい。

と、言いたいところだけど、実は抵抗成分がある。

それは機器の入力インピーダンス。

これ、数十Kオームで存在する。
場合によっては100Kオームにもなる。
するとちょっと困ったことになる。
最初に説明したフィルタの定数とほぼ一致してしまう。

つまり、影響はあるということになる。
高い帯域が小さくなるケーブルは、本当に周波数特性が足りていない可能性がある。
長距離伝送が必要な場合は、機器の入力インピーダンスに注意する必要があるってことか。

入力インピーダンスなんてどこにも書いてないけどね。
端子にテスターを突っ込めば大体の値が分かる。

オーディオケーブルは伝送路なので、電圧で伝送し、電流にしてから抵抗に流し、電圧を得て増幅する。
入力にはコンデンサを挟む。
出力にコンデンサを挟むこともある。
入力を単純にOPアンプで受けると、その配線がフローティングになってしまう。
手で触ったら静電破壊を起こしてしまう危険な状態になってしまう可能性も。

なので、どうしても機器の入力部にはGNDへ落ちるパスが必要なわけだ。
小さすぎると信号が取り込めなくなってしまう。
大きすぎると静電破壊を起こしてしまう。
そのちょうどいい値が100Kオーム前後だったのでしょう。

すると、これはしっかりしたフィルタになってしまう。
あまり長い配線を引き回すとキャパシタが増えて影響が出る可能性がある。
5m以上引き回すなら、少し影響が出てくるかもしれない。
しかし、バランス配線は信号の受け口が違うので、キャパシタンスの影響が小さいかもしれない。
あくまで影響があるのは、RCAやフォーン端子のような、2個しか端子が出ていないタイプのオーディオケーブルになる。
ステレオミニプラグは3つ端子があるけど、あれは2本を1本にしているので同様の事が言える。

なので、オーディオケーブルは音質に影響を及ぼすわけだ。
ちなみに、スピーカーケーブルはスピーカーのインピーダンスが6Ω程度なので余り影響がないことになる。
太いケーブルを使えば、数mオームくらいになりそうなので、全く影響はなさそうだ。



ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックしていただけると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
オーディオケーブル制作
2011-03-08 Tue 00:56
今日は、オーディオケーブルをたくさん作ってみた。
まずはベルデンの赤いヤツ
98760という名前のケーブル。

IMG_0720.jpg


結構細いケーブルだけど、配線材はなかなか太く、シールドはメタルテープなので案外高いかもしれない。
引き込み用のGNDラインもあるので、半田付けも簡単にできる。

コネクタはスイッチクラフト。
これは、頑丈で音質がいい。
なにより、見た目がクラシックな感じで、それでいてとても頑丈にできている。

気になる音質は、低域がしっかり響き、高域もバランスよく伸びている。
メッキ線の特徴である高域の不自然さも、とりあえずは感じない。

もうひとつ、アルファワイヤーのケーブルも作ってみた。
日本では、ハンダで有名なメーカーみたいね。

IMG_0716.jpg


スイッチクラフトと組み合わせると、非常に古風な感じである。
外皮も灰色のPVCなので、ますます古風である。
こちらも細めであるが、低域はしっかり出る。
その代わりと言っては何だが、高域が少し落ち着いている感じである。
クラシックな音がするケーブルだなぁ。
けど、このケーブルはエージングが進むと音が変わりそうな気がするね。



ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックしていただけると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 趣を味わう日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。