實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ACROLINK 7N-S1010IIIの試聴
2011-04-29 Fri 23:23
このケーブル、元々はスピーカーケーブルだ。
7N素材を使っていて、静電容量も50pFとかなり低い。
この材質が有利なのかは甚だ疑問ではあるが、高価な材料を使っていると、いろいろな部分を高価にでき、全体としてケーブルにつぎ込む物量が大きくなる。
ぶ厚めの銅箔をシールドに使っているし、絶縁材も分厚い。
RCAでは実現できない絶縁材と導線の太さがこのケーブルの特徴だ。

写真 1


このケーブルの加工性は極めて悪い。
まず、ケーブル経とスイッチクラフトのシェル部分の経が同じだ。
だからコネクタからケーブルまで真っ直ぐになっている。
けど、しっかりシェルも付いているので、色帯の根元側を持てばケーブルに負荷をかけることなく着脱できる。


視聴に使う音楽は前回通りだ。

◯ジャズ、オーケストラ
オーケストラにもう少し響きが欲しかったのだが、このケーブルだと、欲しかった響きがちゃんと出ている。
その時流れていた音楽を思い出しているような、そんな感じで、聴き心地がいい。
スピーカーから臨場感のある音を出すのは機材だけではなく室内まで工夫が必要かもしれないが、それでも十分な臨場感がある。

◯ロック
ドラムの音もしっかり聞こえるし、音声もきれいに聞こえる。
音の広がりもあるし、十分に楽しめる。
ロックのように再生帯域に隙間があるような音楽は、ドンシャリで聞いても問題なく聴こえるはずだ。今のシステムは広帯域で平坦な特性なので、ドンシャリのCDを流せばドンシャリになってしまう。

◯ダンスミュージック
この音楽は、全帯域満遍なく音が出てくるのである程度の性能が必要だ。そして、雰囲気というのが大事だ。打ち込み系の音楽は大抵のシステムでそこそこの音が出る。そして、低域が自然であればあるほど、高域が自然であるほど雰囲気が出てくるような気がする。
このケーブルだとその辺がしっかりしている。


このケーブルをヘッドフォンで聞いた時、機材を変えるよりも変化したと感じた。
高域低域の伸び方はその他のACROLINKと同様だが、中域の特に音声が響く。
音声のレコーディング時に倍音を追加したり音程を補正していたりすると、そのエフェクターの影響が聞こえてしまう。
けど、割と自然に聞こえてくるのでそれはそれで楽しく聴くことが出来る。
最初は違和感があるが、慣れてしまうと病みつきになってしまうケーブルだ。

このケーブルに関しては、HDCDだけが高音質には聞こえない。
どんなCDでもちゃんと聞こえてくる。

ボーカルは少し広がった感じがするので、定位としてはそれほどでもない。
広すぎず、狭すぎずといった感じだ。
だがしかし、スピーカーの間隔が狭いので、定位の問題はあまり重要ではない。

このケーブルは、かなり優秀だ。
2WAYでクロスオーバーの仕方が特徴的なスピーカーは、この帯域で綺麗に響くケーブルと相性がいいのかもしれない。

しかし、ケーブルでこういった細かい変化があるのは不思議なものだ。
スピーカーケーブルに関しては、低インピーダンス回路なので十分な低抵抗であれば交換しても電気回路的には全く影響がない。
機材間は高インピーダンスなのでケーブルの影響が見えてくる。
なので、違いがあるのはわかるが、こういう微妙なニュアンスが変わるものなのだろうか・・・?
と言っても、変わったと感じるのだからそうなのだろう。






ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
S/A LAB HLP4の試聴
2011-04-29 Fri 01:05
このケーブル、手持ちの中で最も高価なケーブルだ。
だがしかし、絶縁材が硬く、作るのはかなり大変なケーブルだ。
スイッチクラフトのコネクタを付けるためにはコネクタをリーマで加工する必要があるので結構面倒。
この他に、カナレのコネクタをつけたものがある。
このケーブルはだいぶ前にACROLINKと比較してからは全く使っていない。
このシステムで試すのは初めてだ。

DSCN2449.jpg


今回視聴に使った音楽はこれだ。
内容は前回と同じ。
◯オーケストラ
 フルトヴェングラー/運命&未完成 すごく古いレコードの録音盤
 アダージョ・カラヤン・プレミアム 最新リマスタリング
◯ジャズ
 ソニー・ロリンズ/ON IMPULSE
 ルイ・アームストロング WHAT A WONDERFULL WORLD
◯ロック
 ニッケルバック THREE-SIDED COIN
 HIDE JunkStory (HDCD)
◯ダンスミュージック(?)
 ラムライダー PORTABLE DISCO
 ウマウマできるトランスを作ってみた9
 ダンスマニアX8


低域のスピード感がある。
高域の伸びも良く、全体的にワイドレンジに聞こえてくる。
中域はそれほど表現性はなく、定位が強い感じがする。

◯ダンスミュージック、ロック
低域のスピード感が効果を発揮する。
どんな音楽でも低域が効いているから中高域が際立つわけで、やはり低域はオーディオにとって必要なものではある。
しかし、中高域の定位が強すぎて、スピーカーの幅からしか音が出てこないので、少し物足りない感じはある。
高域も、少し強すぎる感じがあるし、少し不自然に響く。

◯オーケストラ、ジャズ
響きがもっと欲しい。
響かないと少し物足りない。
ケーブルの特性がそういう感じらしいが、この特性が仇となっている感じだ。

しかし、HDCDだけは違っていて、音に広がりがある。
音のバランスも良く、きれいに聞こえる。

定位の問題はスピーカーの幅を広くすればいいだけの話かもしれないが、この幅で聴く環境なので、ここを改善することはスペース的にできない。
やはりこのサイズのスピーカーを備えるなら、オーケストラを綺麗に聴きたい。


ここで、試しにカナレのコネクタを使用したものに付け替えてみた。
このコネクタは、接続するときに力がいらない、なんとも不安なコネクタだ。
しかし、これを使うと心なしか音に広がりがある。
夜になったのでボリュームを落としたというのもあるかもしれないが。
音の響きもいい感じだ。

全体的には音質は良いが、今ひとつ物足りない感じがする。
そもそも、このケーブルは完成品が市販されていないし、自作専用のケーブルなのだろうか。






ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
念願のケーブル比較
2011-04-28 Thu 11:35
ケーブル比較にたどり着くまでにずいぶんと長い道のりだった。
近いと思っていたのに、案外遠かったようだ。

そして、ここからさらに長い道のりが・・・。
けど、これからは紛れもなくケーブル比較。

とりあえず、手元には色々なケーブルがある。
そのほぼ全てが自作ケーブルである。
その全容はこんな感じだ。

DSCN2464.jpg


左からグレードの高そうな順番に並んでいる。

◯S/A LAB HLP4
そこそこに高級なケーブル。無酸素銅を使用し、振動対策や静電気対策に余念がない。

◯ACROLINK 7N-S1010III
実は結構安いケーブル。7N-Cuを使用し、最新素材ポリオレフィンを絶縁材に使ったり、チタンパウダーやシルク糸を配置するなど、なかなかにこだわりのケーブル。

◯ACROLINK 6N-A2010
秋葉原のガード下で職人が製作したものを購入した。6N-Cuを使用したケーブル。見た目が美しい。

◯ACROLINK 6N-A2110II
上記ケーブルの後継にあたる。6N-Cuを使用し、最新素材ポリオレフィンを使用したケーブル。シールドも強力で、ノイズに強い構造をしている。

◯BELDEN 88760
絶縁材にテフロンを使用しているシールドはアルミ蒸着シートで、十分なノイズ対策が施されている。

◯BELDEN 8412
絶縁材に天然素材をふんだんに用いたケーブル。シールドは編成だが、隙間だらけだ。正直に言うと、なぜこれで音質がいいのか分からない。

◯Alpha Wire 3221
Hi-Fi用のケーブル。これといった特徴が何もないケーブル。8412と8860の中間のような特性。シールドはそれなりに施してある。

◯KYOSHO 同軸ケーブル
秋葉原のガード下で買った謎のケーブル。使っていないので特徴は不明。

◯ELECOM イーサネットケーブル
1000Mb/sもの転送速度を誇るLANケーブルをバラして4本を編みこんだケーブル。非常に安価だが無酸素銅を使用し、絶縁材も低誘電素材が用いられている。

◯銘柄不明の古いケーブル
古いオーディオ機器にくっついていたケーブルだった気がする。


昔はもっと色々なケーブルを持っていた。
しかし、音質は良くても曲がらないケーブルや、加工の難易度の割に音質の悪いケーブルなどあり、そういうケーブルはほとんど処分してしまった。

音質が案外良かったり、高価過ぎて手放せなかったケーブルが残っている。
ピンきりまで揃っているので、比較としてはかなり面白そうだ。

現在ACROLINK 6N-A2110IIで接続しているので、これを基準に試していくことにする。
まずはグレードを上げていってみることにする。




ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
最終調整
2011-04-26 Tue 18:03
DSCN2449.jpg



iPhoneアプリで手に入れたスペアナを用い、最終的な調整をしてみることにした。
PCでホワイトノイズを再生し、それをブルートゥースでレシーバーへ、そこからオーディオへの接続を行った。
ずいぶんとハイテクな技術を投入してしまったが、これはヘッドフォンアンプで使っているシステムの一部だ。

スピーカーは2種類ある。
せっかくなので、両方調整することにした。
OTTO SX-441MK2
自作キャビネット フルレンジスピーカー

フルレンジスピーカーは、上に乗っかっている左右色が違う小さいスピーカー。
塗装作業が面倒で途中でやめてしまったからで、今や塗料もない。
なんとも情けない話だ・・・。

OTTO SX-441MK2は、本来3wayのモデルから、スコーカーを外してしまった。
なので、ウーファーのカットオフを高め、ツイーターとウーファーの特性をクロスさせて補っているようだ。
ウーファーはカットオフの前にカットオフしてしまっている。
ツイーターはレンジが足りているが、ウーファーの特性が張り出しているのか、中間域が若干持ち上がっている。
これでゲインの平均値を持ち上げているのだろうか。
ユニットの特性と、ネットワークの関係からもこの特性は納得出来る。

これをフラットになるように調整した。
ここはユニットとネットワークの特性の谷間なのでEQでもなかなか改善しない。
やり過ぎてしまうと不自然になってしまう。
EQの特性を、ウーファー部はおわん型にし、ツイーター部は低い部分は下げ、周波数が高くなるほど持ち上げていくような特性にした。
EQのカーブはへんてこだが、これである程度フラットになった。

フルレンジは50-16KHz辺りでバスタブのようなカーブにして、その外側は終端に合わせた。
しかし、フルレンジは小型なので、小音量でしかフラットにならない。

何時まで経ってもケーブルを交換しようとしないけど、そろそろ交換して比較してみようかと思う。
ピンきりまであるので、この際色々と試してみる。




ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
グラフィックEQ導入
2011-04-25 Mon 00:28
この機材は、使用方法は分かっていたが、価値や用途を理解しておらずそのままお蔵入りしていた。
これは、25Hzから20KHzを14個に分割し、それぞれで音圧の調整ができる。
左右別々でも調整できる。
しかも、再生時のそれぞれの帯域の利得を表示可能になっている。
また、メモリ機能を搭載し、イコライザの設定値を記憶できる。
HDCD専用のメモリや、オーケストラ専用のメモリを設定できるようになる。
その他にも、ジャンルごとに設定を変えることもできてしまう。
電池で記憶しているようだが、まだ使えそうだ。

DSCN2452.jpg


機材があって、性能を安定させれる可能性があるのであれば、試してみる価値はありそうだ。

とても単純な話であるが、ある帯域以上で減衰していくなら、それをアンプ側で補ってしまえばスピーカーの能力を底上げ出来る。
アナログに於いて、ノイズの問題さえ無視すればこれは可逆変化に出来るし、それ自体はカセットで長きに渡り実用化されてきた。
これは、スーパーツイーターを付けるよりも場合によっては自然に特性を伸ばせる可能性がある。
もちろん、スピーカーに負荷がかかるのでやり過ぎは禁物だ。

しかし、せっかくイコライザがあるので、特性の弱い部分を補ってみることにする。
調整の基準として、インターネットで紹介されていたスピーカーの実測値をもとに調整をしてみる。

この実測に使われた機器は、SONY SS-A5とのこと。
コーンのサイズは少し小さいが、バスレフによって低域を補い、特性としてはSX-441MK2とほぼ同じだ。
この特性、30Hzで-16dbになっていた。
内訳は、100Hz辺りから減衰が始まり、50Hzで-4db、30Hzでは-16dbだった。

ここで、イコライザの値を設定してみる。
基本的には、特性を打ち消すようにゲインを上げていけばいい。
しかし、SX-441MK2は密閉型でコーンが大きいので、バスレフと違いスムーズに特性が減衰するはずだ。
ゴールは同じだが、その途中の特性は少し持ち上がっているはず。
それらを考慮して調整をしてみる。
80Hzから減衰が始まり、50Hzで-4db、30Hzで-16db
イコライザは+-10dbの範囲でしか調整できないので、これに収まるように設定をする。
MAXでの使用は避け、25Hzで8db、50Hzで-4db、100Hz~6.3KHzは-8db、10KHzは-6db、20KHzは0dbにした。
高域は、部屋の影響で減衰するようなので、それを補正するイメージだが、少し弱めに設定した。

これで音を確認してみた。
今まで聞こえなかった低域が聴こえるようになった。
しかし、少々音圧が高いイメージだ。
各社周波数特性の閾値が違う場合がある。
このスピーカーは-6dbかもしれない。
そこで、25Hzで+8dbの設定にした。
これならかなり自然な音になる。
高域の設定値は変更しなかった。
これでも低域が少し強いので、さらにー2db。

結局、25Hzは+6db、50Hzは+2db、高域は最初の設定に落ち着きそうだ。

この設定は、アンプに付属しているトーンコントロールとは異なり、狙った帯域だけ持ち上げる。
周辺はある程度なめらかな特性を持っている。
また、センターを持ち上げるため、25-20KHzの外側はイコライズされない。
このイコライザは10-100KHzの能力があるらしい。
そのため、コーナーを持ち上げたい場合、欲しいところを上げるより、要らないところを下げたほうがいい。
このほうがコーナー部の特性が安定しやすい。
アナログ回路は減衰のほうが特性が有利になるということもある。

実際に、コーナーを持ち上げるのとセンターを引き下げるのでは、相対的に同じ設定でも音質はずいぶん違う。
持ち上げると不自然で耳障りな音になるが、引き下げると音質は安定する。
HDCDの音質もヘッドフォンと遜色なくなってきた。

ジャズも聴いてみたが、25Hz帯はほとんど記録されていないようなので問題なさそうだ。
トランスやユーロビートのCDもこの帯域はほとんど記録されていない。

オーケストラは、低域が記録されているようだが、残念ながらアナライザには出力されないくらい信号が小さいので、どうなっているのか分からない。
しかし、低い音がしっかりと出力されているようだ。
響きが良くなったかは分からないが、少なくともその影響がありそうな帯域を補正した。
微かにだが欲しいところに低域の音が出てくるので、本来の特性を発揮できているのではないかと思う。

これでやっとケーブルの違いを比較できそうだ。
しかし、機材が増えてしまったので使用するケーブルの数が増えてしまった。
イコライザの特性は100KHzなので、この部分での影響は小さそうだ。
ケーブルの比較はCDーイコライザ間で行ってみることにする。
イコライザとアンプ間はベルデンの88760を使っておけばとりあえずは問題ないだろう。

やっと次のステップに進めそうだ。




ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
オーディオケーブル試聴
2011-04-18 Mon 15:51
ケーブルごとの特性をヘッドフォンで比較してみたが、オーディオの大半はスピーカーからの音声再生だ。
そこで、手持ちのシステムで試してみることに。
今回は、その準備として条件を決めてみる。

まずは手持ちのシステム。
高級なシステムではないが、ある程度の性能を持っている。

DSCN2449.jpg
CDP SANSUI  CD-α607
プリメイン ONKYO Integra A-925
スピーカー OTTO SX-441MKII
電源 普通のコンセント
電源タップ オヤイデ電気のステンレス製のもの

このプリメインは学生の頃3万円ほどで買ってきたもの。
CDPも、学生の頃、半値で通販されていたので購入。
スピーカーは、これまた学生の頃、ジャンクで転がっていたものを修理した。
新しい高級な機材も欲しいとは思ったが、せっかく使えるものがあるのに買い換えてしまうのは勿体無いと思い、今までこの機材を愛用している。

機材間のケーブルは、現状アクロリンクのケーブルを使っている。
スピーカーケーブルは、LANケーブルを4つ編みにしたもの。

音質は、少し低域が不自然なイメージ。
強すぎる感じがするというより、スピーカーが古いのだろう。
中域、高域は問題なさそうだ。
ロックを聴くと低域が不自然、ダンスミュージック系は特に気にならず、クラシックやジャズは自然に再生できる。
典型的な昔のシステムという感じだろうか。

少なくとも、スピーカーケーブルは一般的なものに交換しないといけない。
手持ちにあるのはアクロリンクの7N-S1010III
ちょっと高級ケーブルに足を突っ込んでいるが、アクロリンクは国産のケーブルを製造している。
その他の高級ケーブルは絶対に手を出さないが、アクロリンクは話が別だ。


私は、一体どんな音質にしたいのだろうか。。
そもそも、スピーカーが古く、35年前の代物だ。
コーンもだいぶ傷んでいるだろう。
これは、もはや交換が必要な機材である。

これで満足のいく音が得られるのか・・・?
やはり、古い機材は周波数特性が悪くなっているはずだ。
買い換える必要があるかもしれない。

いっそのこと、新しいスピーカーを買ってしまおうか・・・
スピーカーは、その他の機材と違い直接空気を振動させるので、出した金額だけそのまま音声の品質になる。
となると、どうしても高価になってしまう。

うーん、まずは手持ちのシステムで満足してみよう。
その後、さらなる満足を得たい時にスピーカーを新しくしてみよう。


ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
Alpha Wire 3221
2011-04-01 Fri 11:09
なかなかマニアックという理由で取り寄せてしまったケーブルだ。
ここはハンダで有名だったりするが、Hi-Fi用のケーブルも製造している。
日本で取り扱いがないのは、案外高価で見た目が質素だからかもしれない。

DSCN2355.jpg


このケーブル、見た目は重視していない。
PVC被覆のケーブルだ。
ねずみ色で見た目も良いとは言えない。

このケーブル、すごくレトロな感じがして個人的にはとても好みだ。
音質であるが、可もなく、不可もない音質だ。。
ベルデン8412を基準とするなら、このケーブルの音質は若干色付けされたイメージになる。

ベルデン8412は、意外と内部の線材が細い。
同ベルデンの88760は、それよりも少し太くなっている。
これは、絶縁材の誘電率に寄与しているのではないかと思う。
インピーダンスを一定に保ちたいのかもしれない。
このAlpha Wire 3221はさらに内部の線材が細い。
PVCを使っているからかもしれないが。
PVCは今はまず使われることのない素材だ。
これは、耐火性と環境に配慮してのことらしい。
性能が低いから使われなくなったというわけではないわけだ。
大げさに行ってしまえば、各メーカーはしぶしぶこの材料の変更を行ったわけだ。

音質はどうかというと、一見堅いイメージ。
しかし、どことなく柔らかい。
8412と88760の中間といった感じだ。
8412のケーブルに合う楽曲にも合うし、88760に合う楽曲にも合う。

特に、サラ・ブライトマンが歌うAmazingGrace。
ヴォーカルの定位が真ん中で、すごく狭い範囲にある。
反面、オーケストラの伴奏は、音が全体から聞こえてくる。

このケーブルは、ベルデンの2本のモニターの中間の特性のように感じる。
8412よりも少し帯域が広く、88760よりも少し帯域が狭い。
とりあえず、私のヘッドフォンでのリスニング環境はこのケーブルで決定しそうだ。
音を選ばないというのが気に入る理由だ。
ただし、シールドは少し弱めなので、ノイズの静かな環境で使用するのが望ましいかもしれない。
そういう意味では、8412もノイズにはそれほど強くはないように見える。。

対ノイズ性を完璧にするのであれば、それこそシールドを謳う高級ケーブルに手を出すべきかもしれない。
自作可能であれば、アクロリンクのケーブルというのはノイズにめっぽう強く出来ている。



ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 趣を味わう日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。