實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
脱線
2011-05-15 Sun 21:39
ここで、少々脱線事故を起こした。

真空管アンプに手を出してしまった。
親が使っていたアンプだ。
これは、脱線事故を起こしたというより、自ら脱線したという方が正しいだろう。
目の前にこんなの置いてあったら、誰でもこうなるはずだ。

以前は片チャネルしか音が出なかった。
真空管を変えれば音が出るようになる。
そう思っていた。

とりあえず、ラックスキット A3300とA3500の真空管を全て注文してしまった。
A3500にいたっては、デットストックを予備で3個、後継互換を3個。

今日、届いたので真空管を交換した。
内部はとりあえず清掃しておいた。

DSCN2471.jpg


ドキドキの電源投入。

DSCN2470.jpg


お、音が出・・・


間もなくプリアンプ昇天。


これは仕方なかった。
新しい真空管が駄目だったのか、内部の部品がだめになっていたかというと、両方ダメだったのだと思うが、回路が発振してしまったようだ。
これを修理するのはかなり大変だ。
部品を揃えることを考えると素直に諦めてしまう。


しかし、パワーアンプは頑張って音を出している。
まともに音が出ていないが、それでも音をだそうと頑張っている。
これは、せめてこれだけは復活させなければ。

ということで、部品を調べるために取説を探してみた。
そしたらスキャンしたものが手に入ったので部品を入手しようと読み進めた。
すると、どうやらバイアス調整しないといけないらしい。

自作キットだから調整しないといけないのか。
当たり前か・・・。

とりあえず、説明書を見て回路を見て調整した。
左チャネルは完璧に調整できたが、右チャネルはダメのようだ。
片方の真空管にバイアスがかからない。
色々調べて、テスターを当てて、原因は解ってきた。

どうやら出力トランスが断線している・・・。
片側だけ古くて、古い方が断線している。
部品取りされたのか、片方は修理済みなのか・・・
それでも、トランスの片方は何とか生きているようだ。
バイアスをかけると音が出るので片側は諦めて、片側の真空管だけバイアスを掛けることにした。
どうやらバイアスがかからなくても、壊れることはなさそうだ。
音もちゃんとでるので、これでよしとしながらも、代わりに使えそうなトランスを捜すことにしよう。

これで、どうにか音が出た。

プリアンプはないけどイコライザーが同じ機能を持っている。
これは後ほど取り付けることにする。
CDプレーヤーにアッテネータが内蔵されているのでリモコン操作でボリュームが調整できる。
何と、この時代の機器をリモコン制御できるとは、ちょっと感激だ。


このアンプの周波数特性は、ONKYOのintegra A-925と同じくらいだ。
実は、かなり優秀なアンプのようだ。

音質はというと、低域が思いのほか良く出る。
高域は若干シャカシャカとしていて、気の抜けたような音だ。
コンデンサの容量が抜けてしまっているのでここは仕方がない。

出力トランスが壊れて、右チャネルの出力管の片方にバイアスがかからない。
ちょっと不安ではあるけれど、音はちゃんと出ている。
とっくの昔に壊れたと思っていたアンプだが、調整したら何とか息を吹き返した。
もう少しだけ楽しませてもらうことにしよう。

と言いつつも、明日には片付けて、再びケーブル比較を再開せねば。





ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
イーサネットケーブル 試聴 感想
2011-05-01 Sun 23:34
このケーブルは、以前友人に冗談で作ったケーブルだ。
冗談と言っても、キンバーケーブルが三つ編みのケーブルを販売しており、それを模して作ったものだ。
手頃な細い線はないかと探したら、LANケーブルが余っていた。
ただし、このケーブルは4本編みだ。

DSCN2464.jpg
右から2番目のケーブルがそれだ。


オーケストラ、ジャズ
歯切れが良く、低域高域の伸びが良い。
しかし、硬い感じはあまりしない。
オーケストラは響きや広がり、定位までしっかり感じる。
ジャズの場合は、少し迫力がなくなる感じだが、しっかり自然に聴こえる。
響きや定位や広がりは文句無しだが、何かが足りない感じがする。

ロック
ドラムの音がしっかり響き、ボーカルもしっかりしている。
思いのほか低域が響くが、ドンシャリにはならず、全体的に安定した音楽になる。
普通は利点であるが、ロックの場合は少し寂しさがある。

ダンスミュージック
このジャンルは、思いのほか透明感が効いてくる。
定位と響きがいいのでかなり立体的に聞こえてくる。
このジャンルはあまりケーブルを選ばないが、一番相性がいい感じがする。


何故かエージングが効くケーブルだ。
接続した当初はしょぼしょぼな音だが、1時間位経つと音が安定してくる。
落ち着いた音がして、なかなかにオススメのケーブルだ。
しかし、低域高域の特性が良い、なかなかのケーブルだ。

この間、友人に3m頼まれたことがあった。
残ったケーブルは4つ編みにして今試聴に使っている。
このケーブルがかなりお気に入りらしく、以前のものでは長さが足りないので長いものを頼まれたわけだ。

何となく、オーディオの方向性が定まってきた感じがする。
その方向性の中では、このケーブルは”あり”かもしれない。




ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:0 |
ヴィンテージ?ケーブル 感想
2011-05-01 Sun 02:14
ここで、高級なケーブルからこのケーブルに変更してみた。
ケーブル一覧の写真の最も右側にあるケーブルだ。

DSCN2464.jpg

このケーブル、妙にボロボロで部屋に転がっていた。
一つ分かっているのは、何かのデッキにくっついていたということ。
線は、決して細すぎるわけではないが、そこそこの細さである。

これは流石に音は良くないだろうと思い、一度も使ったことはない。
今回は、敢えて高級ケーブルからの交換をしてみた。

ジャズ
そこそこまともに聴こえるというか、結構いい感じに聴こえる。
ボリュームを上げてみると、無骨すぎる感じがするが、それがまた良い。

オーケストラ
レコードの録音のCDなので、古い音がするのだが、迫力がある。
響きもあり、オーケストラをきれいに聴きたいという目標は、このケーブルでも十分達成できそうだ。

ロック
低域はぼやけており、高域は出ていない。
かなり帯域が狭い。
HDCDのワイドレンジはなりを潜めてしまった。

ダンスミュージック
低域も高域も広がりがあるが、高域の伸びは今ひとつである。
それでも、雰囲気がありかなり楽しめる音になっている。


ワイドレンジではないが、中音域が出るので迫力がある。
ちょっとレトロな感じの音というのだろうか・・・?
しかし、相性がわるいのはロックの音だけであった。
その他の音楽では、低域と高域はぼやけている感じだが、それが雰囲気としていい味を出している。

ケーブルは、そこそこのものであればどれでもそうそう変わることはないというのは、コレまで色々なものを試してきて何となく分かっていた。
品質の悪いものだと音がぼやけるというイメージはあるが、それが良いと考えると、考え方次第では良い音となる事もある。

ジャズやオーケストラを聴きながら、さりげなくこのケーブルを使うというのはちょっとありかもしれない。




ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
別窓 | オーディオ | コメント:2 | トラックバック:0 |
| 趣を味わう日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。