實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ベルデン 8412
2011-08-07 Sun 22:41
ベルデン8412をアンプに取り付ける。
内部の主要な部品に天然の素材を使っている、異質っちゃ異質なケーブルだ。
このケーブルは、線を強く締め付けているのか、ケーブルを曲げるとキシキシと音がする。
しかし音がするのは最初だけで、リールから取り外したときにしかこの音はしないようだ。

DSCN2433.jpg


オーケストラ
低域はズシッと響き、雰囲気が出ている。
中域は分厚く、迫力がある。
高域は聞こえるが、他のケーブルと比較すると少し控えめになっている。
なめらかな減衰なので、聞こえ方としてはかなり自然になっている。

ジャズ
さりげなく低域が響き、良い感じだ。
高域は自然な伸び方で、トランペットやサックスの音が聴きやすい。

ロック
低域から高域までバランスが良い。
ロックはあまり好きな音楽ではないので、どうしても簡単になってしまうが、音質としてはバランスが良く聴きやすく、決してレンジが狭いわけではない。
聴きやすく、耳が疲れない。

ダンスミュージック
低音がズシッと響く。今までで一番安定している。
中域はしっかりと聞こえる。
高域は少し控えめで、高域になるほど滑らかに減衰していくような感じだ。
これなら、長く聴いていても聴き疲れすることはなさそうだ。


低域から高域まで比較的柔らかい音だ。
早く感じず、遅く感じない。
とは言っても、市販品のそこそこのケーブルよりはよほどハイスピードだ。
モニターとして使われるケーブルなので、これで音楽を聴けば、モニタリングしたときの信号が再生できるということか。
ハイスピードに感じた場合、それは違和感ということかもしれない。

色々なところに発生する僅かな違和感を、いかに消すかがケーブルセッティングの調整方法なのかもしれない。
これだけ特徴のあるケーブルを大量に試していくと、短期間のうちに色々分かってくるものだ。
スポンサーサイト
別窓 | オーディオケーブル | コメント:2 | トラックバック:1 |
BELDEN 88760 試聴
2011-08-02 Tue 15:23
やっとケーブルの視聴を再開した。
重たい真空管アンプを移動し、それより少し軽いアンプを乗っける。
そして、真空管に耳が慣れてしまっていたので暫く耳を慣らしていた。

DSCN2314.jpg


ベルデンのケーブルで音を聴いてみる。
暫く真空管で聴いていたので、聞こえ方が変わっているのではないかと思ったが、案外そんな事はないようだ。
アンプはリレーの調整が悪かったので、接点を軽く掃除してある。
おかげでちゃんと音が出るようになった。

ジャズ
低域はかなり締まっている。
そして、元々高域が出る音源ではないが、楽器の音がよく響く。
しかし、低域が締まっている分少しだけ物足りない感じがする。
ジャズは、低域がある程度響いたほうが良いみたいだ。

オーケストラ
落ち着いた感じに聞こえる。
このケーブルだともっと派手に聞こえそうだが、そうならないところが不思議だ。
雰囲気や響きなどもしっかり出ている。

ロック
低域が締まっているので、低音を無理やり付加しているように聞こえてしまう。


ダンスミュージック
高域が伸びる感じだが、ウーファーが小さいと少し物足りないかもしれない。
25cmのウーファーがあればそれなりに響くが、それでもやはり物足りない。
低域の響きというのはかなり重要になってくるようだ。


全体的に、低域が締まっているので物足りない感じがする。
しかし、細かい音まできれいに表現できるケーブルのようだ。
オーケストラやジャズはレコードからのリマスター版だが、レコードの感じが良く出ている。
古臭くなく、レコードをそのまま再生しているような、そんな感じだ。
けど、それならレコードを直接再生したほうがいいのかもしれない。

どんな機材にも合いそうなケーブルだ。
iPhoneでも、PC用スピーカーでもきれいに再生していた。
今、PCスピーカーはこのケーブルを使っている。
どちらかというと、小型のシステムに向いているかもしれない。
もしくは、巨大なウーファーをつけたシステムに使うと低域が締まっていいのではないだろうか。
今のサイズだと、割と自然な聞こえ方で、面白みがないのが欠点かもしれない。
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:1 |
| 趣を味わう日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。