實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
オーディオケーブル・・・はじめに
2010-12-04 Sat 00:15
以前、色々な種類のケーブルを買ってきて、コネクタを付けて聴き比べたことがあった。

その数は、十数種類。
そのほとんどがオヤイデ電気で買ってきたケーブルだ。
売っていたものを片っ端から買ってきたんだけどね。

どのケーブルもそれほど音に違いはなかった。
全て音声信号用ケーブルだから、当然といえば当然だ。

しかしながら、ケーブルってのは、良し悪しではないと思う。
悪し、より悪しだと思う。
最も高音質なのは、100%の効率で音声を伝送できるケーブル。
つまり、悪しではない状態。ただ、正常な状態だ。
これは不可能である。
しかし、平均的に90%きっちりで伝送できるケーブルは、機器の性能で100%に復元できるはずだ。
アナログで発生する損失は、主に電圧降下、位相の発生による。
C成分が増えるとハイパスフィルタ。Lが増えるとローパスフィルタ。
しかし、Lは自己インダクタンスで色々と変な挙動をする。
しかし、基本的には位相がずれるだけである。それによって特定帯域がカットオフするだけである。
RCの並列であれば、エネルギーを蓄えて逆に信号を増幅してしまうこともあるかもしれない。

それが、ケーブルの癖というものかもしれないけど・・・。
これを排除すると100%の伝送が可能になる。
位相のズレを抑え、抵抗を小さくする。

それを自分で作るのは難しすぎる。
やはり、安定して製造された工業製品に分があるのは明らか。
これまで試してきたケーブルを、これから紹介していこうかと。
本当に良いものは殆ど無く、一般的な評価からも少しずれていたりするけど・・・
そんな中でも、良いものはあった。
良いものは未だに愛用している。

そして、なんども同じケーブルを作り直す。
コネクタの接続の技術が回数を重ねるごとに洗練されていく・・・
それによって音質が変わったような気がしてしまう。
コテの当てる時間、これが一つの回答のような気がするが、それはまた。

まずは有名所、beldenなど・・・


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村のランキングに参加しておりますので、もしよろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オーディオケーブル・・・アクローテック | 趣を味わう日々 | オーディオケーブル>>
コメント














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 趣を味わう日々 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。