實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
コネクタのメッキ
2011-03-24 Thu 19:37
ベルデン 8412
1000フィート注文していたが、これが地震の後しばらくして届いた。
その荷物が地震の状況を物語る・・・。

そのまま、リールの状態で運ばれてきた。
ダンボールでは重たすぎて底が抜けてしまう。
これが最も運送に適し、頑丈なのだろう。
ケーブルのところにダンボールが巻かれている。


このプラスチックのリール、ぼろぼろになっている。
割れて一部が損失している。
ケーブルはなんとか無事だったが、ちょうど地震の時に成田辺りに在ったのではなかろうか。
よく持ちこたえたと、リールを褒めつつ、ケーブルの無事に安堵しつつ。

このケーブルをオーディオケーブルに仕立てた。

以前はひどい音だとすぐに捨ててしまい、見向きもしなかったケーブル。
今回、結論から言ってしまうと、このケーブル以外を使うことを躊躇してしまう。

これを試した当時、私のコネクタ加工技術はかなり低かったと言わざるを得ない。

学生時代に秋葉原を散策していたとき、とあるオーディオケーブルショップを見つけた。
ここでは仕入れたケーブルをオーディオケーブルに仕立てている。
それを販売しているが、結構高額だ。
何も知らなかった私は、余りで作ったケーブルを勧められた。
40cmで4500円のケーブル。
学生の時分にはちょっと高額ではあった。
今思えば、かなり良心的な金額だったと言える。

音質は、今使ってみてもかなり高音質。
奇しくも、今私が使っているケーブルのほとんどがこれの後継であったことはごく最近知ったのだが。

今のケーブルは、このケーブルの製作方法を参考にしている。
技術というのは吸収能力の高い学生が吸収し、昇華して引き継いでいくものではないかと思う。

最近は思ったとおりにコネクタをはんだづけできる。
昔はよく失敗した。
今は何時も同じ仕上がりだ。


同じケーブルを何本も作る。毎日毎日。
コネクタを狂ったように作っては試している。
そんな中で、こんな結論に行き着いた。。。

ケーブルは消耗品ではないか?

これは、機材ではない。
アクセサリであり、消耗品なのだ。

同じケーブルでも、新しい方が音質がいいのだ。
そんな気がする程度なのかもしれないが、やはり音質が違うのだ。

フォンプラグにいたっては、特にその影響が顕著だと思う。
3.5mmミニプラグなど、1年も使っていたらメッキが剥がれてしまった。
コネクタをくるくる回すとノイズが乗るので、かなり悪い。
ロジウムメッキであるが、見た目に地金が見えてしまっている。
やはり銀かニッケルメッキが良いと痛感する。

RCAは頻繁に接続しないので、しっかり接続されていれば接点のメッキは劣化しない。
フォンはどうしても動いてしまうので摩耗により接点が劣化しやすい。

RCAはゴールド
XLRとフォンはニッケルか銀

フォンとXLRにシルバーニッケルが使われているのには根拠があるのだ。
ニッケルは硬くて頑丈なので、摩耗に強い。
銀も金より硬い。
よりハードな使用に耐えるには銀かニッケルメッキが必要なわけだ。

しかし、スイッチクラフトのゴールドメッキは腐食に強い。
良いメッキはゴールドでも十分な耐久性を持っている。


ブログ村ランキングに登録しております。
ボタンをクリックしていただけると投票され、ランキングに反映されます。
この記事を読んで面白いと思った方、是非クリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | オーディオ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ヘッドフォンケーブル交換 | 趣を味わう日々 | ベルデン 8412>>
コメント
おお
更新再開しとる!
お久しぶりです。

よし毎日支援に来ようw
2011-03-30 Wed 06:27| URL | 白面 #kMr7ovrQ[ 内容変更] |
お久しぶりです。
やっと落ち着いてきたので更新を再開しました。
これからは色々と連動しながら更新していくと思いますのでよろしくお願いします。
2011-03-30 Wed 11:24| URL | #wCSifRYg[ 内容変更] |














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 趣を味わう日々 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。