實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
念願のケーブル比較
2011-04-28 Thu 11:35
ケーブル比較にたどり着くまでにずいぶんと長い道のりだった。
近いと思っていたのに、案外遠かったようだ。

そして、ここからさらに長い道のりが・・・。
けど、これからは紛れもなくケーブル比較。

とりあえず、手元には色々なケーブルがある。
そのほぼ全てが自作ケーブルである。
その全容はこんな感じだ。

DSCN2464.jpg


左からグレードの高そうな順番に並んでいる。

◯S/A LAB HLP4
そこそこに高級なケーブル。無酸素銅を使用し、振動対策や静電気対策に余念がない。

◯ACROLINK 7N-S1010III
実は結構安いケーブル。7N-Cuを使用し、最新素材ポリオレフィンを絶縁材に使ったり、チタンパウダーやシルク糸を配置するなど、なかなかにこだわりのケーブル。

◯ACROLINK 6N-A2010
秋葉原のガード下で職人が製作したものを購入した。6N-Cuを使用したケーブル。見た目が美しい。

◯ACROLINK 6N-A2110II
上記ケーブルの後継にあたる。6N-Cuを使用し、最新素材ポリオレフィンを使用したケーブル。シールドも強力で、ノイズに強い構造をしている。

◯BELDEN 88760
絶縁材にテフロンを使用しているシールドはアルミ蒸着シートで、十分なノイズ対策が施されている。

◯BELDEN 8412
絶縁材に天然素材をふんだんに用いたケーブル。シールドは編成だが、隙間だらけだ。正直に言うと、なぜこれで音質がいいのか分からない。

◯Alpha Wire 3221
Hi-Fi用のケーブル。これといった特徴が何もないケーブル。8412と8860の中間のような特性。シールドはそれなりに施してある。

◯KYOSHO 同軸ケーブル
秋葉原のガード下で買った謎のケーブル。使っていないので特徴は不明。

◯ELECOM イーサネットケーブル
1000Mb/sもの転送速度を誇るLANケーブルをバラして4本を編みこんだケーブル。非常に安価だが無酸素銅を使用し、絶縁材も低誘電素材が用いられている。

◯銘柄不明の古いケーブル
古いオーディオ機器にくっついていたケーブルだった気がする。


昔はもっと色々なケーブルを持っていた。
しかし、音質は良くても曲がらないケーブルや、加工の難易度の割に音質の悪いケーブルなどあり、そういうケーブルはほとんど処分してしまった。

音質が案外良かったり、高価過ぎて手放せなかったケーブルが残っている。
ピンきりまで揃っているので、比較としてはかなり面白そうだ。

現在ACROLINK 6N-A2110IIで接続しているので、これを基準に試していくことにする。
まずはグレードを上げていってみることにする。




ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<S/A LAB HLP4の試聴 | 趣を味わう日々 | 最終調整>>
コメント














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 趣を味わう日々 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。