實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
脱線
2011-05-15 Sun 21:39
ここで、少々脱線事故を起こした。

真空管アンプに手を出してしまった。
親が使っていたアンプだ。
これは、脱線事故を起こしたというより、自ら脱線したという方が正しいだろう。
目の前にこんなの置いてあったら、誰でもこうなるはずだ。

以前は片チャネルしか音が出なかった。
真空管を変えれば音が出るようになる。
そう思っていた。

とりあえず、ラックスキット A3300とA3500の真空管を全て注文してしまった。
A3500にいたっては、デットストックを予備で3個、後継互換を3個。

今日、届いたので真空管を交換した。
内部はとりあえず清掃しておいた。

DSCN2471.jpg


ドキドキの電源投入。

DSCN2470.jpg


お、音が出・・・


間もなくプリアンプ昇天。


これは仕方なかった。
新しい真空管が駄目だったのか、内部の部品がだめになっていたかというと、両方ダメだったのだと思うが、回路が発振してしまったようだ。
これを修理するのはかなり大変だ。
部品を揃えることを考えると素直に諦めてしまう。


しかし、パワーアンプは頑張って音を出している。
まともに音が出ていないが、それでも音をだそうと頑張っている。
これは、せめてこれだけは復活させなければ。

ということで、部品を調べるために取説を探してみた。
そしたらスキャンしたものが手に入ったので部品を入手しようと読み進めた。
すると、どうやらバイアス調整しないといけないらしい。

自作キットだから調整しないといけないのか。
当たり前か・・・。

とりあえず、説明書を見て回路を見て調整した。
左チャネルは完璧に調整できたが、右チャネルはダメのようだ。
片方の真空管にバイアスがかからない。
色々調べて、テスターを当てて、原因は解ってきた。

どうやら出力トランスが断線している・・・。
片側だけ古くて、古い方が断線している。
部品取りされたのか、片方は修理済みなのか・・・
それでも、トランスの片方は何とか生きているようだ。
バイアスをかけると音が出るので片側は諦めて、片側の真空管だけバイアスを掛けることにした。
どうやらバイアスがかからなくても、壊れることはなさそうだ。
音もちゃんとでるので、これでよしとしながらも、代わりに使えそうなトランスを捜すことにしよう。

これで、どうにか音が出た。

プリアンプはないけどイコライザーが同じ機能を持っている。
これは後ほど取り付けることにする。
CDプレーヤーにアッテネータが内蔵されているのでリモコン操作でボリュームが調整できる。
何と、この時代の機器をリモコン制御できるとは、ちょっと感激だ。


このアンプの周波数特性は、ONKYOのintegra A-925と同じくらいだ。
実は、かなり優秀なアンプのようだ。

音質はというと、低域が思いのほか良く出る。
高域は若干シャカシャカとしていて、気の抜けたような音だ。
コンデンサの容量が抜けてしまっているのでここは仕方がない。

出力トランスが壊れて、右チャネルの出力管の片方にバイアスがかからない。
ちょっと不安ではあるけれど、音はちゃんと出ている。
とっくの昔に壊れたと思っていたアンプだが、調整したら何とか息を吹き返した。
もう少しだけ楽しませてもらうことにしよう。

と言いつつも、明日には片付けて、再びケーブル比較を再開せねば。





ブログ村ランキングに登録しております。
バナーをクリックしていただけると、ランキング上位になるので、記事を書く気力が生まれます。
もしよろしければクリックしてください。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<未だ脱線中 | 趣を味わう日々 | イーサネットケーブル 試聴 感想>>
コメント














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 趣を味わう日々 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。