實才堂?
Author:實才堂?
FC2ブログへようこそ!
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
BELDEN 88760 試聴
2011-08-02 Tue 15:23
やっとケーブルの視聴を再開した。
重たい真空管アンプを移動し、それより少し軽いアンプを乗っける。
そして、真空管に耳が慣れてしまっていたので暫く耳を慣らしていた。

DSCN2314.jpg


ベルデンのケーブルで音を聴いてみる。
暫く真空管で聴いていたので、聞こえ方が変わっているのではないかと思ったが、案外そんな事はないようだ。
アンプはリレーの調整が悪かったので、接点を軽く掃除してある。
おかげでちゃんと音が出るようになった。

ジャズ
低域はかなり締まっている。
そして、元々高域が出る音源ではないが、楽器の音がよく響く。
しかし、低域が締まっている分少しだけ物足りない感じがする。
ジャズは、低域がある程度響いたほうが良いみたいだ。

オーケストラ
落ち着いた感じに聞こえる。
このケーブルだともっと派手に聞こえそうだが、そうならないところが不思議だ。
雰囲気や響きなどもしっかり出ている。

ロック
低域が締まっているので、低音を無理やり付加しているように聞こえてしまう。


ダンスミュージック
高域が伸びる感じだが、ウーファーが小さいと少し物足りないかもしれない。
25cmのウーファーがあればそれなりに響くが、それでもやはり物足りない。
低域の響きというのはかなり重要になってくるようだ。


全体的に、低域が締まっているので物足りない感じがする。
しかし、細かい音まできれいに表現できるケーブルのようだ。
オーケストラやジャズはレコードからのリマスター版だが、レコードの感じが良く出ている。
古臭くなく、レコードをそのまま再生しているような、そんな感じだ。
けど、それならレコードを直接再生したほうがいいのかもしれない。

どんな機材にも合いそうなケーブルだ。
iPhoneでも、PC用スピーカーでもきれいに再生していた。
今、PCスピーカーはこのケーブルを使っている。
どちらかというと、小型のシステムに向いているかもしれない。
もしくは、巨大なウーファーをつけたシステムに使うと低域が締まっていいのではないだろうか。
今のサイズだと、割と自然な聞こえ方で、面白みがないのが欠点かもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | オーディオ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<ベルデン 8412 | 趣を味わう日々 | 未だ脱線中>>
コメント














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • 管理人の承認後に表示されます
    2012-11-21 Wed 09:16 |
    | 趣を味わう日々 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。